外見に箔をつける

S oN mY cHeSt / i_Nspire_u / CC BY 3.0
男の恋活メールマガジン無料登録
スーパー会話テンプレート小橋しゅん

オススメ恋愛商材

外見に箔を付ける

外見に箔をつける

 

Pick up 外見を磨く

 

外見というのは、人それぞれ上限があるものですが、
だからといって磨かなくていい理由にはなりません。

 

イケメンじゃないから磨いても無駄。

 

こういう場合、イケメンじゃないことよりも
そういう考えを言い訳にして努力しないという
内面こそが嫌われる原因になります。

 

外見は磨いたほうがいいのではなくて、
内面を魅せるためにも絶対に磨くべきです。

 

 

 


 

外見に箔をつけつつ中身もついでに磨く

 

例えば、
服に気を使っている結果として、

 

 

「○○さんの服オシャレですね」

 

 

と言われた時に

 

 

「せやろ!俺はこんなにも努力してるからな!」

 

 

と言ってしまうと、やはりあまりよくないですよね。

 

冗談として受け入れられれば別ですが、
そういう捉え方をされなかった場合、努力をひけらかすキャラとして見られる為です。

 

そうではなくて、外見に気を使っているという過程はひとまず置いておいて、
建前上はその努力をユーモアを使って隠します。

 

 

「いやいや、もう自分なんてほんと、アレですから」
「試着しないで、店員さんが着てる服ください、言うてるだけですから」

 

 

これだけで、印象は大きく変わってきます。

 

相手が社交辞令であっても、本音だったとしても、
どちらにせよ印象が悪くなることはないです。

 

結果は見せるものとして

 

努力は隠すものとして

 

外見と内面の両方を磨いていくといいのではないかと思います。

 

それでは、具体的にどういう外見を磨いていくかについて説明していきます。

 

 

外見に箔をつけるポイント目次

笑顔を磨く

 

 

point1 笑顔を磨く

 

 

・笑顔について
・私の中では笑顔というのは優先順位の低いものであったということ
・女性の笑顔は可愛らしさ、なら男の笑顔はどこで勝負するか

 

 

 

 


このコンテンツを作るきっかけになった恋愛ノウハウはこちら

 

BlackjewelryBox

 

BlackjewelryBox

 

この恋愛の箔をつけるというコンテンツを作ろうと
思ったのはこの恋愛ノウハウがきっかけです。

 

主にテクニックよりもスキル寄りの構成になっていることが
個人的におすすめしている理由です。

 

つまり、テクニックで固めるというよりは、
男としてのそのものの魅力を磨くことができるという点で、
学べるところが多いノウハウになっているかと思います。

 

個人的にかみさんとはメールで何度か
やりとりをさせていただいたのですが、とても丁寧な方で、
私とはまるで違う人種の人でありました。

 

セールスページが結構過激に書かれている分、
そのギャップに少し驚きもありましたが、ノウハウ自体は基本を普通に守っているので努力すべきポイントがしっかり抑えられています。

 

どんなスキルでも磨きたいという方におすすめできるかな、と思います。



 
ホーム オススメ恋愛商材一覧 当サイト限定購入者特典 お問い合わせ