しつこさで笑いを生み出すコツ

S oN mY cHeSt / i_Nspire_u / CC BY 3.0
男の恋活メールマガジン無料登録
スーパー会話テンプレート小橋しゅん

オススメ恋愛商材

しつこさで笑いを生み出すコツ

知的なスタイル

 

 

 

あともう少しでウケそうだという時は少ししつこさを出す

 

これは私がよく使っているやり方なのですが、
しつこさには、いいしつこさと悪いしつこさ、があります。

 

私の中でのいいしつこさと悪いしつこさの定義というのは、

 

いいしつこさ=いい意味でどうでもいいしつこさ
悪いしつこさ=何かを強要するしつこさ

 

大体こういう分け方をしています。

 

 

 

例えばいいしつこさ

 

 

大学などでのシーンで例を作るとすれば、

 

 

 

私「え、(この提出物の)締切今日なん!?」

 

 

 

 

 

後輩「そうですよー。」

 

 

 

 

 

私「マジかよ、締切今日なんかぁ、、、」

 

 

 

 

 

私&後輩「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

「締切今日なんかぁ、、、」

 

 

 

 

 

 

後輩「いや、何回言うんですかw」

 

 

 

 

 

という感じで話に中身がなくてもウケることができる方法です。

 

ここで、大事なのは、連続して同じことを言うのではなくて
ある程度の間を置いたほうがいいということです。

 

 

「マジかよ、、、締切今日なんかぁ、、、」

 

と言いつつちょっと考え込む動作を入れて、
何か考えてそう、何か言い出しそう、という間というか空気を作ります。

 

そして、考えて考えて捻り出してきた言葉が

 

「締切今日なんかぁ、、、」

 

という感じです。

 

こういうことばかり繰り返す私は、よくしつこいと言われます

 

 

 

タチの悪いしつこさ

 

しつこいという言葉を聞くと、あまりいいイメージは持たれないと思います。

 

それはなぜかというと、

 

日々の中にあるしつこさというのは、何かを強要するという一面があるからですね。

 

・ナンパは遊ぶことを強要してくるからしつこく感じる
・お母さんは勉強することを強要してくるからしつこく感じる
・どうでもいい異性に好かれると遊ぶことを、仲良くなることを強要してくるからしつこく感じる

 

「いついつ、遊びに行かない?」

 

「その日は用事があるから無理だね」

 

「じゃあ、○日はどうかな?」

 

「その日もちょっと。。。」

 

「じゃあ来月空いてる日はないかな?」

 

「(こいつ、しつけーー)」

 

と、こんな感じになります。

 

 

 

だから、何も強要しないような
一見どうでもいいようなことをしつこさとして表現します。

 

では、なぜ、何も強要していない私のような人が
しつこいと言われてしまうのか、というと。

 

初めはどうでもいいことを言っていたのにも関わらず、
それがウケて何回も言い出してくる。

 

つまり、笑いを強要しだしたら終わり、ということです。

笑いを学ぶならこのノウハウがおすすめです

 

 

 

人を笑わせる会話術

 

 

笑いの面でおすすめできるノウハウはこれです。

 

これがなぜおすすめできるのかというと
笑いはパターンとして吸収するほうが断然早いからです。

 

パターンは多ければ多いほどいいんです。

 

そして、その状況状況でどのパターンが一番
ウケやすいかというのを経験で磨いていくのです。

 

このノウハウでは27個の笑いのパターンを学ぶことが
出来るので笑いの魅力を磨くにはピッタリです。

 



 
ホーム オススメ恋愛商材一覧 当サイト限定購入者特典 お問い合わせ