知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

S oN mY cHeSt / i_Nspire_u / CC BY 3.0
男の恋活メールマガジン無料登録
スーパー会話テンプレート小橋しゅん

オススメ恋愛商材

知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

 

知的なスタイル

 

style2 笑いのスタイル2

 

知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

 

ここでは、知的な言い回しで面白さを生み出す
スタイルについて説明していきます。

 

捻った返答や言葉のニュアンスの変化や
気の利いた一言で面白さを生み出さないといけないので、なかなか難しいやり方です。

 

難しい分、頭がよく見られたり、必要以上にテンションをあげる必要がないのでスマートに笑いが取れるというのが特徴です。

 

 


 

主に聞き手や会話の切り返しで力を発揮します

 

ノリで押し切るスタイルとは違って、
会話の流れからの切り返し(返答)として使っていきます。

 

即興で作ってみるとこんな感じになります。

 

エピソード1

 

「この前財布ごとお金落としてしまってさー、」

 

「財布ごと落としたんですか、それはショックですねー。」

 

 

「でも、ズボンごといかなかっただけまだよかったんじゃないですか!?」

 

 

 

エピソード2

 

(職場の食堂で)

 

「最近新しく入った人ってどんな人か知ってる??」

 

「知ってますよー。ほら、あそこで焼肉定食食べてる方ですよ。」

 

 

「なるほど、ベジタリアンじゃないことだけは確かだわ」

 

 

 

エピソード3

 

(慣れない都内で買い物をした時)

 

「あかん、歩きすぎて足ガクガクやわー」

 

「ほんまやな、足だけ生まれたてやんか、足だけやけど

 

 

 

エピソード4

 

(大事なプレゼンテーションを前にして)

 

「あれ、○○さん緊張してるんですか?」

 

「いやいや、全然緊張なんかしてないよ、ただ心臓の鼓動がすごいだけ

 

 

 

エピソード5

 

(友人との会話で)

 

「この前明らかなヅラ被ってる人がおってさー」

 

「それはなに、明らかにリーブ21ではなかったってこと?」

 

 

 

 

話を聞いてからそのイメージに近いものを作り出して(思い描いて)切り返す

 

直感的に笑いを創りだすというよりは、
少し考えさせて、あ!そういうことねw という笑いの生み出し方です。

 

エピソード1では、お金は財布に入っているというイメージから
財布はどこに入っている?→ズボン→ズボンごと財布をなくすというイメージに変えています。

 

そして、出てくるイメージが色々でてくるものもあるんですが、

 

例えばエピソード3では、足がガクガクというイメージから
足がガクガクなのは?
→生まれたての動物
→K-1に転向したての頃の曙
→バッターボックスに入った時の私の足など、色々出てくるときもあります。

 

相手にとってどれがわかりやすいかというところから
わかりやすさNo1を選ぶ感じですね。

 

私の中では、ある程度のテンプレートが確実にあって、
その言い回しを変えるだけ、言葉のニュアンスを入れ替えることで、

 

相手に飽きさせない工夫をしています。

ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

 

ノリのスタイル

 

style1 笑いのスタイル1

 

ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

 

・ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイルについて
・話し手の場合
・聞き手の場合

 

 


知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

 

知的なスタイル

 

style2 笑いのスタイル2

 

知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

 

・知的な言い回しで面白さを生み出すスタイルについて
・主に聞き手や会話の切り返しで力を発揮します
・話を聞いてからそのイメージに近いものを作り出して切り返す

 

 


笑いを学ぶならこのノウハウがおすすめです

 

 

 

人を笑わせる会話術

 

 

笑いの面でおすすめできるノウハウはこれです。

 

これがなぜおすすめできるのかというと
笑いはパターンとして吸収するほうが断然早いからです。

 

パターンは多ければ多いほどいいんです。

 

そして、その状況状況でどのパターンが一番
ウケやすいかというのを経験で磨いていくのです。

 

このノウハウでは27個の笑いのパターンを学ぶことが
出来るので笑いの魅力を磨くにはピッタリです。

 



 
ホーム オススメ恋愛商材一覧 当サイト限定購入者特典 お問い合わせ