ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

S oN mY cHeSt / i_Nspire_u / CC BY 3.0
男の恋活メールマガジン無料登録
スーパー会話テンプレート小橋しゅん

オススメ恋愛商材

ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

 

ノリのスタイル

 

style1 笑いのスタイル1

 

ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

 

名前のとおり、手振りや声のトーンに抑揚をつけて
会話の空気そのものに面白さを生み出すスタイルです。

 

直感的に笑ってしまうので、
相手のツボを知らなくてもそれなりにウケさせることができます。

 

 

 

 


 

 

例えば、話し手の場合

 

 

「めっちゃめちゃ疲れた!あの人の話長すぎるやろ!ほら、もう立ちすぎて足ガクガクやん俺

 

 

「お!○○やんか!元気?? 俺?俺はほら、全然元気じゃないよ!見ての通り!」

 

 

「あ、先日はどうも!あの後ちゃんと帰れましたか!?僕みたいな変質者に追いかけられたりしませんでしたか!?」...etc

 

 

このスタイルの特徴というのは、
とにかく、大げさでオーバーリアクションなことです。

 

話自体は大したことがなくても動きや大げさなリアクションで
笑いを誘うことができるので、相手のツボがわかっていなくても有効に使えます。

 

イメージとしては、少し言い過ぎる程度ですね。
リアクションもややオーバーすぎるくらいでちょうどいいです。

 

話の内容に突っ込ませるというよりは、

 

「言いすぎやろ!w」
「大げさやろ!w」

 

という行き過ぎた感じで笑いを誘う、あるいは
相手にそう突っ込ませるという感じです。

 

 

 

聞き手の場合

 

「まじかよ!」

 

「それあかんやつや!」

 

「それやばいっすね!」...etc

 

聞き手だけ手抜きに見えますか?w
いえいえ、実際こんな感じなんですよ。

 

聞き手の場合、こちらがリアクションだけで笑いを持って行っては
相手に失礼なので、あくまで話し手の笑いに便乗するという感じです。

 

こちらが持って行きすぎない程度のさじ加減は必要かなと思います。

 

聞き手としては、相手の面白さを拾う必要があるので、
このスタイルよりも、知的な言い回しをするスタイルのほうが個人的には向いているかと思います。

 

 

ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

 

ノリのスタイル

 

style1 笑いのスタイル1

 

ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイル

 

・ノリで押し切る空気の面白さを生み出すスタイルについて
・話し手の場合
・聞き手の場合

 

 


知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

 

知的なスタイル

 

style2 笑いのスタイル2

 

知的な言い回しで面白さを生み出すスタイル

 

・知的な言い回しで面白さを生み出すスタイルについて
・主に聞き手や会話の切り返しで力を発揮します
・話を聞いてからそのイメージに近いものを作り出して切り返す

 

 


笑いを学ぶならこのノウハウがおすすめです

 

 

 

人を笑わせる会話術

 

 

笑いの面でおすすめできるノウハウはこれです。

 

これがなぜおすすめできるのかというと
笑いはパターンとして吸収するほうが断然早いからです。

 

パターンは多ければ多いほどいいんです。

 

そして、その状況状況でどのパターンが一番
ウケやすいかというのを経験で磨いていくのです。

 

このノウハウでは27個の笑いのパターンを学ぶことが
出来るので笑いの魅力を磨くにはピッタリです。

 



 
ホーム オススメ恋愛商材一覧 当サイト限定購入者特典 お問い合わせ