ウケる会話術

S oN mY cHeSt / i_Nspire_u / CC BY 3.0
男の恋活メールマガジン無料登録
スーパー会話テンプレート小橋しゅん

オススメ恋愛商材

ウケる会話術

 

変化を加える会話

 

Pick up ウケる会話術

 

会話で人ウケさせようと思った場合、
その人の想定外の変化を加えてあげるのが
もっとも手軽な方法です。

 

ノリで押し切るにも知的な笑いを誘うにも、
笑いを生み出すには変化が必要です。

 

 

 


 

想定外の変化をつける

 

想定外の変化とはどういうものがあるかというと

 

・声のトーンを変化させる
・顔の表情を変化させる
・言葉のニュアンス(言い回し)を変化させる
・テンションを上げる

 

などなど、挙げ出すとキリがありませんので、ちょっと即興で例を作ってみます。

 

 

想定外の変化を加えるというのは例えば

 

 

「そうそう!コレコレ!コレが今一番欲しかってん!」
(本当はあんまり欲しくないんだけど声のトーンとテンションを上げて、相手の想定以上の大げささで喜びます)

 

 

「コーラってなぜこんなにも黒いのだろうか」
(シリアスなトーンと表情でギャップをつける)

 

 

「また赤点かよ!すいません!出来れば黒い方でお願いしたいんですけど!
(ショックを受ける場面でテンションを上げる)

 

 

「先輩って仕事できるのに、私生活結構抜けてますね!私安心しましたよ!」
(目上の人に対してヨイショしつついじる)

 

 

「いい言い方をしたとしても、小林幸子みたいやね」
(派手すぎるものを見たときに、派手なものというイメージに置き換えて言葉のニュアンスを変える)

 

 

「このプリンターまた紙詰まったんか。部長!このプリンター寿命です。チェンジしましょう!」

 

ついでに私の家のプリンターも買い換えてもらっていいですか!?
(普通ならイライラするであろう状況で便乗するというユーモアで空気を和ませる。)

 

 

大まかにこういう変化を加えることで、
普通の会話よりも少しハメを外してウケを狙いに行きます。

 

 

 

露骨すぎると笑えない

 

ここで注意したいのが、あまり露骨にウケを狙いに行くと
相手からすると笑えない、ということですね。

 

流行っている言葉を連発するのも
こういう露骨すぎる部類に入ります。

 

「いつやるの?今でしょ!」や「ワイルドだろぉ〜」とか
もはやウケないですよね笑

 

これは、流行っているから、これを言えばウケるはず、
という下心が丸見えだからですね。

 

この露骨さがでないようにウケを狙うというバランスは意外と難しく感性を磨いていくしかないので、
そのへんは頭に入れておいてもらえたらな、と思います。

 

 

ウケる会話術における加減

 

笑いを取ることで生まれるデメリット

 

Pick up デメリット

 

ウケる会話術における加減

 

・ウケを狙いすぎると相手は疲れる
・真面目な話をしているときにウケを狙わない

 

 


笑いを学ぶならこのノウハウがおすすめです

 

 

 

人を笑わせる会話術

 

 

笑いの面でおすすめできるノウハウはこれです。

 

これがなぜおすすめできるのかというと
笑いはパターンとして吸収するほうが断然早いからです。

 

パターンは多ければ多いほどいいんです。

 

そして、その状況状況でどのパターンが一番
ウケやすいかというのを経験で磨いていくのです。

 

このノウハウでは27個の笑いのパターンを学ぶことが
出来るので笑いの魅力を磨くにはピッタリです。

 



 
ホーム オススメ恋愛商材一覧 当サイト限定購入者特典 お問い合わせ